スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林檎ペクチン

131229 林檎ペクチン-5

【材料】
りんご………………………………100g
水……………………………………200ml
クエン酸……………………………0.5g(レモン果汁≒10g)
砂糖…………………………………出来上がったペクチン液1mlにつき1g

【作り方】
1. 保存瓶を煮沸しておく。

2. 鍋に水を入れる。

3. 林檎の皮を剥き、4つ割に切り分ける。
  ※ 皮を剥かずに作ると薄ピンク色のペクチン液が出来る。

4. 林檎を5mm厚に切る。

5. 切った林檎は直ぐに鍋の水に浸ける。
  ※ 変色を防ぐ為
  131229 林檎ペクチン-1

6. 鍋にクエン酸を加えて火に掛け、軽く沸騰する程度に火力を調節する。

7. 鍋に蓋をして30分ほど加熱。

8. ザルに布巾または晒しを敷いて、林檎を煮汁ごと入れて漉す。
  ※ 煮汁を力任せに絞り出すと、煮汁と一緒に繊維質が流出し仕上がりの色が濁るので要注意。
  131229 林檎ペクチン-2
  131229 林檎ペクチン-3


9. 抽出したペクチン液の容量を計る。

10. ペクチン液lに砂糖を加えて加熱。
  ※ ペクチン液100gに対し砂糖100g
  131229 林檎ペクチン-4

11. 総量が30g程度になったら火を止めて保存瓶に入れる。

12. 出来上がったペクチン液を冷蔵保存し、1~2日後にゼリー化の様子を見る。
  ※ ゼリー化していない場合→再度加熱し濃縮する。
  ※ 滑らかなゼリー状→そのまま使用。
  ※ 硬いゼリー状→希釈して使用。

13. 冷蔵庫で一週間程度の保存可。長期保存する場合は冷凍保存。
スポンサーサイト

テーマ : レシピ
ジャンル : グルメ

プロフィール

もらぽん♪

Author:もらぽん♪
メインブログ『相棒“もらん”と徒然なるままに…』の別館です。

備忘録としてのブログなので、コメント不可とさせて頂いております。

最新記事
カテゴリ
筍 (9)
茸 (1)
柿 (7)
栗 (6)
梅 (8)
杏 (2)
鯛 (2)
鮪 (2)
鮭 (0)
鯵 (1)
蜆 (0)
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。